2021年2月25日 (木)

在宅飯

Img_1514

在宅の時のランチはやっぱりここのお店だと痛感。

segodon(旧:さつまや)

理由は美味しすぎるから。
今回は、鶏刺とマグロの南蛮揚げ?をオーダー。

まだまだ、2回目だけれど、きっとどれを頼んでも美味しいんだと思う。
混んでいることが多くて、入りたくても入れなかった日々を重ね、今日はお席が空いていた。
また、行きたいなぁ。
幸せだぜ!

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

HARBS

ストロベリーチョコレートケーキ

ブランデー香るチョコレートスポンジにたっぷりと生クリームと大粒のイチゴを飾りました

~メニューより

Dsc_0048

スポンジがチョコレートというのはいかがなもとかと思ったけれど、
お酒感たっぷりそうなところに惹かれてオーダー

Dsc_0049

断面をみよ!
本当に大粒イチゴじゃん!
甘すぎず、しかしジューシーでたまらない。
忘れられない美味しさだった。(イチゴがね)
いいねいいねいいね。

ここのところ、勤労感謝の日にいちご食べることが多い気がする。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

一周年

引っ越しして、1年経過。
季節一周したんだと思うと、感慨深いけれど、
その間、コロナあり、コロナあり、ころなあり…
家にいることが多かったかなぁ。
1日出かけなくても、自粛といういい言葉がある。

住み心地は、全くもって悪くない。
上をみたらきりがないという意味では、ベストだったと思える。
そうなると、次の引っ越しが難しいなぁ。

お隣はたぶん学生さんの様子だけれど、しばらく戻ってないみたい(シャッター降りっぱなし)
コロナで授業とかリモートになったから、実家に戻っているのかなぁ?
空室にはなっていないみたいなので、そのうち戻る?

満室のはずなのに、同じ階のどこのベランダにも選択物が干されていない。
最近は土日祝日のほかに、平日も在宅してる日があるのに、洗濯物が皆無。
乾燥器使いなのか…なぞ。

さて、2年目。
改めて楽しい一年になりますように。
そして、その先には更新があるわぁ、出費凹む。

 

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

みなとみらい万葉の湯

Img_1511

昨日は、映画を観に行ったあとみなとみらいへ。
こちらの万葉の湯2回目です。

今は、東急線で定期券ホルダーに対して1日乗車券を100円で購入できるから、出かけたい気分が増す。
朝一で映画観たから湯に到着したのは14時頃、ゆっくりのんびりできましたとさ。

また、行こう。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

ライアー×ライアー

なぜにこのような映画を観ようと思ってしまったんだろ!?

原作は金田蓮十郎という人が書く漫画らしい。
読んだことない。

義理の兄弟ものってねぇ。
劇中にも出てきたけれど、禁断だし…(キモイ)

なんか複雑でしかなかった。

ずっと、透は気づいていてわざとだと思っていたから意外だった。

Screenshot_202102212055002

2021theater05

森七菜
松村北斗

小関裕太
堀田真由
七五三掛龍也
竹井亮介
相田翔子

監督:耶雲哉治

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

在宅の日は呑みにいける♪

Dsc_00461

蕎麦屋で呑むのが何気に気に行っている。
今回は、↑のあと、お酒を1合追加して、天ぷらの盛り合わせを追加。

そしたら、なんとなんと3千円超えた…

恐るべし。
ていうことで、GoToEAT!食事券を使い果たした。
3月までもつかと思っていたけれど、少々思惑より早く使い切ってしまったよ。

年末年始にかけて、頭痛なおすのにお金をかけすぎちゃったので、倹約に努めねば!
という思いとは裏腹に、炊事ができないXXX

 

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

ローソンのトリュフミックスナッツ

Img_1502

知り合いがフェイスブックでお勧めしていたので買ってみた。
トリュフパウダーがなかなかいい。
ついつい食がすすむ。

ワインと一緒に呑みたいなぁ。
そう思ったけれど、家にワイン無かった…

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

ファーストラヴ

第159回直木三十五賞受賞作の「ファーストラヴ」の映画化を観た。

原作を読んだときにも同じように感じたのだけれど、
多くの子どもが、程度の差さえあり同じような経験をしているのではないか、
彼女は、法廷で多くの人が自分の話を聞いてくれたことで、気持ちが晴れたようだったけれど、
そんな単純なものではないはずなんだよね。

彼女のように気持ちを表に表すことができるのがごくごくわずかで
ほとんどが、由紀のように記憶の奥底に葬って、触れずに閉じ込めているものではないかなぁ。

映画を観ているあいだはその世界観にのせられたけれど、
問題はの根っこはもっと複雑に入り組んでいて、単純ではないんだよ!
と感じた。

しかし、窪塚洋介があんな理解ある夫役だなんて、
昔のやんちゃを知っているとなかなか意外だな。
ま、それだけ演技がお上手ということでしょう。

Screenshot_202102141657582

2021theater04

北川景子
中村倫也
芳根京子

板尾創路
石田法嗣
清原翔
高岡早紀
木村佳乃
窪塚洋介

監督:堤幸彦

【リンク】
20181226_ファーストラヴ/島本理生

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

花咲小路四丁目の聖人/小路幸也

小路幸也さんの本ははじめて読むはず。
文章は好み。
シリーズものの一作目だからか、終わり方があれれって感じ。
著者としてシリーズの序章として書いたというのなら納得できる。
続きを読むかどうかは、余暇時間の時間割りにかかっているかなぁ。

主人公(女性)の父親は、帰化したイギリス人で若いころは美術品を中心とした泥棒で名を馳せた人物。
商店街で起こる事件を父親はその手腕で解決してしまうが、主人公としては気が気ではない(一応知らない体)
それに、主人公の幼なじみの年下の男性が加わって…
店舗よく書かれているから飽きない。
ちょっと癖のある感じがする主人公にも一応は交換を持てる。

今回は、父親のかつての相棒!?
からみで大きな事件が起こりそうになるけれど、
紆余曲折あったおかげで主人公がハッピーエンドになるか…?
というところで終わった。

シリーズ2作目以降に引っ張られそうだよ。
でも、最近はなかなか小説が読めず。
お勉強やビジネス書で読みたいけれど、なかなか進まない本が多すぎる。
まぁ、ゆっくりとやりますか。

【花咲小路シリーズ】
花咲小路四丁目の聖人
花咲小路一丁目の刑事
花咲小路二丁目の花乃子さん
花咲小路三丁目のナイト
花咲小路三丁目北角のすばるちゃん
花咲小路一丁目の髪結いの亭主

2021R02

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

檸檬堂のカミソリレモンを大人買い

Img_1509

夕飯を外で食べられる機会が乏しいので…
お気に入りの檸檬堂のレモンサワーをアマゾンで購入した。
正直24缶はなかなかの量でストック収納するためにバタバタしてしまった。

| | コメント (0)

«魚真でランチ(海鮮バラちらし)