« anego・アネゴ 4話 | トップページ | 八月のクリスマス »

2005年5月12日 (木)

アンナと王様

b00012t3p0

リメイクのリメイク!?ってことで公開当初気になっていた作品(公開っていつだったか覚えていないのによくいうよ)シャム王朝の王(チョウ・ユンファ)は確かに威厳ありだけれど子供たちの前ではマイホームパパって雰囲気で<当時の親子関係、そんなんじゃないでしょ!>とつっこみいれたかったけれどそんな優しい王様にキュン♪としちゃった。チョウ・ユンファの優しい微笑みがすごく良くて”グッ”とくるよ。そして得に可愛がっていた王女ファー・インが死んじゃったシーンもまた、切ない表情で息を引き取るまでファー・インを胸に抱く姿が素敵だった。でも彼女の病気ってコレラだったはずで伝染病なのに王様キスしちゃって大丈夫!?

王と家庭教師レオノーウエンズ夫人(ジョディー・フォスター)の会話のやりとりもタイミングは抜群で、次第に2人の間に信頼関係以上の強いつながりが見えて最後のダンスシーンはちょっと胸が痛かった。

おそらくひと味もふた味も違うんじゃないかと思う『王様と私』も今度みよう(^_^)

リンク:ココナツ・カフェ:優雅なタイの鏡台と『王朝四代記』

※関連映画王様と私

|

« anego・アネゴ 4話 | トップページ | 八月のクリスマス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ブログ「ココナツカフェ」のチョムプー(プリンのプ、タイの果物のなまえです)です。拙ブログにコメントありがとうございます!
「アンナと王様」も「王様と私」も映画としてはとてもよくて、私も好きなのですが、タイでは、王様は神様のように尊敬されているのと、史実と違うというので、上映禁止ですね。
「アンナと王様」では、アンナの息子さん役が、映画「ハリー・ポッター」の美少年敵役のマルフォイを演じているトム・フェルトンくんですね。
今年はタイのゾウと柳楽優弥くんの「星になった少年」も公開で、楽しみです!また、ブログ見にいらしてくださいね。

投稿: チョムプー | 2005年5月13日 (金) 09時49分

チョムプーさん、コメントありがとうございます。
柳楽くんの映画は彼がゾウ使いの役ですよね。気になりますね。
『アンナと王様』でアンナの息子役(確か「ルイ」)の男の子みた事あると思っていたのです。しかしハリポタは一作も観ていないので気のせいかな!?

投稿: ゆき | 2005年5月14日 (土) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/4039762

この記事へのトラックバック一覧です: アンナと王様:

« anego・アネゴ 4話 | トップページ | 八月のクリスマス »