« anego/林真理子 | トップページ | TIKI TIKI »

2005年7月31日 (日)

ブロンド・ライフ〜LIFE OR SOMETHING LIKE IT

あのアンジェリーナ・ジョリーが金髪!?

しかも、コメディ!?

仕事もファッションもマンションもオトコもすべてトレンドにキメているテレビレポーターのレイニー(アンジェリーナ・ジョリー)が街角の予言者に「来週の木曜に死ぬ」と宣言された。
残された一週間をどう過ごすのかがテーマ。
彼女の場合、「ハタ目の幸せ」より「自分らしく生きる」ことを選んだ...「見かけの成功よりも精神的な豊かさ」を選ぶ女性の葛藤を描いているといっていいと思う。
レイニーに対して「永遠に満足できない女だ」と言うピートの言葉が胸にささる。女性はみんな欲張りなんだよ。でもだいたいの女性は諦め際を知っているの。あたしは...!?
仕事をしている女性はもちろん、家庭に入っている女性でも彼女の気持ちわかるんじゃないのかなぁ。男性は...この作品をどんなふうに観るのかな!?

|

« anego/林真理子 | トップページ | TIKI TIKI »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/5253481

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンド・ライフ〜LIFE OR SOMETHING LIKE IT:

» ブロンド・ライフ [ZeroCinema]
 量産されるB級ラブコメディに埋もれてしまいそうなライトでオシャレな映画。アンジェリーナ・ジョリーがブロンドというのは珍しくはないが、富と名声に重きをおくステレオタイプな役を演じるのは珍しいかもしれない。  ローカル局の人気レポーター、レイニー。ボーイフレン... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 21時31分

« anego/林真理子 | トップページ | TIKI TIKI »