« KNEIPP~Orange-Linden bluten Badesalz | トップページ | 博士の愛した数式 »

2005年12月24日 (土)

H〔エイチ〕

とうとう観てしまった。前から確かに気になっていたけれど、別に観なくてもいいかなって思っていた矢先にキャサリンさんのレビューを読んだことであたしの視聴欲に火がついた(*^^)v

観始めてすぐに感じたことはレクター博士の「羊たちの沈黙」に似ているってこと。シリーズの中でも特に「レッドドラゴン」とイメージがそっくり。あくまでも最初の印象であってだんだんとそのイメージとは別の方向へ行った。

死刑囚ヒョンの仕掛けた催眠術…2度もかけたでしょ!そんなに凝視したら下手な催眠術でもかかってしまうからやめようよと思っていたけれど案の定かかってしまっていたのね。だから違和感を感じた5番目の犯行、催眠術じゃなくて二重人格かと誤解してしまいそうだったけれど、二重人格者もきちんと用意されていた。なんてベタな!そう思いながらも目を離すことのできない作品だった。

ストーリーの最後にはこの映画のタイトル”H”が何を示しているのかが明かされる。エンドクレジットを粗末に扱っちゃいけませんね。

それにしても死刑囚ヒョンを演じたチョ・スンウ、彼の作品は「ラブストーリー」「フー・アー・ユー」に続いて3作品目。彼の演技力は素晴らしい。

カン刑事役のチ・ジニさんは「ジュリエットの男」の人だとはすぐにわかったけれど「チャングムの誓い」のジョンホも同一人物だったなんて今まで全然気づきもしなかった(^_^;)

そしてミスコリア出身のヨム・ジョンアさん。彼女の作品は「ビッグ・スウィンドル」に続いて2作品目。全く違うイメージの役ではあったけれど…ん~~~ノーコメントにさせて!ちょっと今の段階では何て表現していいのか、難しすぎる。

作品自体は最近難解な映画が増えてきた中で理解できる範疇にあったので観やすかった。もしもう一度観る機会があれば、より造詣を深めることもできるんだけれど、チャンスはしばらく先まで回ってこない気がする。

|

« KNEIPP~Orange-Linden bluten Badesalz | トップページ | 博士の愛した数式 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

コメント

ゆきさん、おはようございます!
私も最初見たときは『羊たちの沈黙』に似ているかも
って思いましたが、それだけじゃなく少しひねりも入れて
あったのでなかなかミステリアスな作品でよかったと
思います。
作品によって俳優さんってずいぶん印象が変わりますよ
ね。

投稿: キャサリン | 2005年12月25日 (日) 08時25分

キャサリンさん、コメントありがとうございます。
ホントミステリアスな作品ですね。
チョ・スンウさんとチ・ジニさんの二人の存在が真実味があってよかった。
ヨム・ジョンアさんの存在はリアリティに欠けるかな。

投稿: ゆき | 2005年12月27日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/7796796

この記事へのトラックバック一覧です: H〔エイチ〕:

» 『H~エイチ~』 [お気に召すまま]
「フー・アー・ユー」のチョ・スンウと「ビッグスウィンドル」のヨムジョンア繋がりで [続きを読む]

受信: 2005年12月25日 (日) 08時25分

« KNEIPP~Orange-Linden bluten Badesalz | トップページ | 博士の愛した数式 »