« 白雪姫 全16話(2度目) | トップページ | 和三房 »

2006年3月26日 (日)

僕の彼女を紹介します

半年くらい前、兄がDVDを購入してたんだけどなかなか観るチャンスがなくて…ようやく今日みた。

冒頭は誤認逮捕!これは知っていた。強気で謝ることを知らないチョン・ジヒョン演じるギョンジンと誤認逮捕されたチャン・ヒョク演じるミョンウ。2人のやり取りがコミカルでおもしろかった。

ミョンウは女子高の教師。似顔絵が上手で芝居もなかなか、美術の先生なのかと思ったら数学を教えていた。あれれ?2人が再会して急接近したことはわかるけれど、いきなり付き合っていてまたまたあれれ?ミョンウなんてひたすら犠牲者だったのにまんざらでもない様子なのはちょっと不思議。

そして、中盤にミョンウは銃で撃たれて…ここまではラブコメだったのにここからいきなり方向転換で一途な女性に変わってしまうギョンジン。そしてストーリーはメロへ、そのギャップを上手に演出しているのでこれがまた見ごたえあり。

2人の旅行でミョンウは「前世は風だった。生まれ変わったら風になりたい。俺のいない時吹く風は俺だ」って言っていて、それが現実に。キーポイントは紙飛行機!ギョンジンが死のうとしても風が邪魔して死ねないし、ミョンウが助けていることがわかる演出も涙を誘う。

そしてラストシーン。撃たれる直前携帯電話でミョンウが「偶然をみつけた」と言っていた意味が明らかに。2人が高校時代にひとつの写真に写っていた。まさしく韓流得意の”運命”ってやつだね。そしてミョンウと似た魂を持つ男がの『猟奇的な彼女』チャ・テヒョンだったのは笑わずにはいられなかった。

ギョンジンが異動先でコンビを組んだ刑事の「告白」は結局聞くことはできなかった。これについてはちょっと中途半端だった。

『僕の彼女を紹介します』関連リンク
2005.09.04 「レッド・ドラゴン」
2005.10.02 「ダイナシティでお買い物」
それはどうなんだろう:『僕の彼女を紹介します』
2007.02.06 「僕の彼女を紹介します 2度目」

|

« 白雪姫 全16話(2度目) | トップページ | 和三房 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

コメント

ゆきさんこんにちは!
『僕カノ』の2番煎じ的な事を言われたこの映画ですがなかなか面白いですよね。
最初コメディータッチでそのあと泣かせて最後にオチまでついてるなんて韓国映画らしいったらありぁしない(笑)ホントテヒョン君が出てきた時には笑ってしまいました。

投稿: キャサリン | 2006年3月30日 (木) 09時44分

キャサリンさん、こんにちは
韓国映画はやっぱりラブコメが楽しいですよね。

投稿: ゆき | 2006年4月 1日 (土) 09時52分

ゆきさん、トラバありがとうございました。
たしかに二人がつき合うまでの経緯が
すっ飛ばされていて、
不自然ではありますよね…。
ご都合主義といえばご都合主義ですが、
まあ、ラブコメということで。

投稿: こうめい | 2006年4月23日 (日) 16時01分

こうめいさん、コメントさんきゅ(#^.^#)
たしかにラブコメだから細かいところ気にしないほうが楽しいのかな!?

投稿: ゆき | 2006年4月23日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/9265111

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の彼女を紹介します:

« 白雪姫 全16話(2度目) | トップページ | 和三房 »