« 横浜だ~い好きε=ε=(*ノ~∇~)ノキャー | トップページ | 私のパリ、私のフランス/岸惠子 »

2006年7月30日 (日)

ごめん、愛してる 全17話

ヤバイ、やばいと聞かされていたけれど…噂はホントだった。
朝起きて、今日は出かけたくないなと思ったところから始まり、よし!「ごめん、愛してる」の鑑賞しよう( ̄一* ̄)
と1話からはじめた。今ドラマはほとんど全部観終わっているからどれに手をつけようかと悩んだんだけれど新しいのを観始めるのもなかなか気合が必要だから悩みに悩んだ末に決めたんだけれど…

実はストーリーをほとんどリサーチしない状態だったんだけれど、ムヒョクがジヨンの結婚式で撃たれて余命わずかとなったところで”大筋よめた”って状態になり観るのを止められなくなった。ユンが事故にあって心臓に先天的異常が…って話になり”なるほど結末はそこか!”となって思っているとおりに話は進んでいくんだけれどムヒョクの心の起伏が上下しすぎて表情から心情を探るのにハラハラしてしまったり…

最終話ムヒョクがオ・ドゥリにゴハンを作ってってお願いするところからは涙なしでは見ていられなかったな。

予想外だったのはユンの告白と1年後のウンチェの決断。ユンくんそういうことだったのね。この告白から母親が自分を捨てたわけではないとわかるに至り、ムヒョクは母親を恨んだまま最期を迎えることにはならず、ホッとした。そしてウンチェの決断にそれは悲し過ぎるしムヒョクの心臓はユンの体のなかで動き続けているだろうし、つまりムヒョクはまだこの世にいるっていうのにどうしてそういう結末になるんだ~!と思った。そもそもなんでメルボルンにお墓があるの?身内も韓国にいるのにどうして!?とちょっと謎だった。ウンチェとはもっと幸せな日々を過ごして欲しかったな。

このドラマで一番良かったのは意地悪がひとつもなかったってこと。そっち方面でドロドロになることの多い韓ドラだから懸念はしていたんだけれど登場人物ひとりひとりが根っからやさしい人たちだったからよかった。

1日で観終わったことには自分でも拍手を送りたい程の集中力だと関心したけれど、実は11話と12話が無かった…ここかなり重要なシーンてんこ盛りのような気がするのでDVDレンタルしようかな。カット部分も多かったような気がするので全レンタル?そうしたいのは山々だけれどちょっとそこまでの気力はナイかも・・・

っとまぁ、やられっぱなしの1日だった。立ち直れるかな(^_^;)p_q )

【リンク】
2006.04.04 バリでの出来事 全20話
2006.10.08 バリでの出来事 全20話 2回目
2007.07.25 ごめん、愛してる 全17話 2回目

|

« 横浜だ~い好きε=ε=(*ノ~∇~)ノキャー | トップページ | 私のパリ、私のフランス/岸惠子 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

コメント

ゆきさん、ミサのご視聴ご苦労様でした(笑)
普通に見ても廃人続出なのに、よく1日でご覧になりましたね(笑)
体によくないですよ。

確かにユンの体の中で、ムヒョクの心臓は動いているけれど、
母親にも告げず一人で死んだムヒョクを一人ぼっちで逝かせるのは、ウンチェには出来なかったんでしょう。
それと囲炉裏にも書きましたが、ウンチェ父への罰という意味でも、
ウンチェが死ぬことで物語が完成するのかなと私は思いました。

メルボルンは最初がオーストラリアだったからでしょうが、
あれは韓国でも良かったような気がするんだけど、
何か意味があったのかな?よくわかりません。
音楽がまたすばらしくいい作品でしたよね♪

投稿: ピック | 2006年8月 1日 (火) 00時05分

ピックさん、コメントありがとうございます。
ウンチェ父への罰ねぇ。確かにムヒョクVSウンチェ父のシーンで「一生かけて償わせてくれ、どんな罰でも全て受ける」「当然だ罰を受けろ」ってところでウンチェの死も決まっていたのかなぁ?と想像してしまった。
体によくないコトをしたので今日は一日辛かったですよ。忙しかったし…

投稿: ゆき | 2006年8月 1日 (火) 00時39分

ゆきさん、おはようございます。
このドラマを1日で見てしまうなんて・・・
すごいですね。
胸が苦しくなりませんでしたか?

私もあのラーメンのシーンには泣かされました。

なぜオーストラリアにお墓があったか・・・ってわたしも考えましたが、ムヒョクにとってやはり韓国は祖国であっても魂の休まる場所ではなかったのかもしれません。母の悲しみやユンの悲しみを知ってしまったムヒョクにとっては・・・
愛するウンチェの幸せを願いつつ大好きなオーストラリアの空の下でゆっくりと眠りたかったのかもしれませんね。
な~んて勝手な妄想ですが(笑)

投稿: キャサリン | 2006年8月 2日 (水) 09時16分

キャサリンさん、こんばんわ
はい、胸が苦しくなりました。
でも、とめることができなかったんです。
せめてもの救いが、今週仕事が忙しいこと。あまり苦しがっている余裕はありませんからね。
キャサリンさんのメルボルンの解釈なるほどですね。
ラーメンのシーンはホント。やばいっす。

投稿: ゆき | 2006年8月 2日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/11160444

この記事へのトラックバック一覧です: ごめん、愛してる 全17話:

« 横浜だ~い好きε=ε=(*ノ~∇~)ノキャー | トップページ | 私のパリ、私のフランス/岸惠子 »