« たらこ・たらこ・たらこ/キグルミ | トップページ | アールシーコアのタイムシェア別荘 »

2006年8月 7日 (月)

エステサロン ヴィーナス・ビューティー

エステティックサロンで働く女性たちを軸に日常を描いたフランス映画。
フランスの映画だからこそ受け入れることのできる内容だったかな。このエステサロンを訪れる様々な客の様々な事情もエステティシャンのストーリーにアクセントを加えている。美に対して貪欲なパルジェンヌ、パリジャンならではの恋愛感がリアルに描かれていた。もしこれが日本映画だったらありえないストーリーだよね。

40歳でエステティシャン役のナタリー・バイが年を重ねることに恐れを感じながらも恋愛を謳歌し、素直に生きるがうえに傷ついてしまうっていう役柄を見事に演じていた。独立を勧められても拒否している姿に将来への不安をはじめ心が寂しい彼女の背景を物語っていたと思う。

まだ若いエステティシャン役で出演していたオドレイ・トトゥは本作でセザール賞有望若手女優賞を受賞し「アメリ」への出演が決まるきっかけになったことでも注目大。キュートでいて大胆な演技が光っていた。

エステサロンの出入り口で人の出入りに合わせて鳴るあのサウンドは効果大。

|

« たらこ・たらこ・たらこ/キグルミ | トップページ | アールシーコアのタイムシェア別荘 »

「フランス」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/11326690

この記事へのトラックバック一覧です: エステサロン ヴィーナス・ビューティー:

« たらこ・たらこ・たらこ/キグルミ | トップページ | アールシーコアのタイムシェア別荘 »