« THE BOURNE ULTIMATUM | トップページ | THE BOURNE IDENTITY »

2007年12月 3日 (月)

THE BOURNE SUPREMACY

ボーン・アルティメイタムを観る前に復習のために観た。
なかなかの人気でレンタルするのが大変だったよ。

マリーとの別れから始まったボーン・スプレマシー。
話の展開とかなんとなく覚えていたから、前観たときほどのインパクトはなかったかなぁ!?
実は前回見たとき終盤うっかりうとうとしてしまったので、ロシアでの懺悔のあたりがうる覚えだったんだよね。

ネスキーの娘は真実を知って涙していた。
母親が父親を殺したのではなく、ジェイソンが2人を殺したとわかったところで、どうなんだろう??
少しは救われるだろうけれど、両親を亡くした苦しみに変わりはないよね。

【リンク】
2005.11.24 ボーン・スプレマシー~THE BOURNE SUPREMACY
2007.12.02 THE BOURNE ULTIMATUM
2007.12.04 THE BOURNE IDENTITY

|

« THE BOURNE ULTIMATUM | トップページ | THE BOURNE IDENTITY »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/17254591

この記事へのトラックバック一覧です: THE BOURNE SUPREMACY:

« THE BOURNE ULTIMATUM | トップページ | THE BOURNE IDENTITY »