« 火車/宮部みゆき | トップページ | 住所パワー »

2008年1月30日 (水)

連理の枝

またチェ・ジウが不治の病っぽいから今まで避けてきたんだけれど、なんだか縁あって観るに至った。

観てみると、チェ・ジウなかなか明るいし、まあ良かったかも。

プレイボーイのミンスは一体いつ社長業をしているのか意味不明だったけどね~。

チェ・ジウ/ヘウォン
チョ・ハンソン/ミンス
チェ・ソングク/ギョンミン
ソ・ヨンヒ/スジン
チン・ヒギョン/ウォン看護師長
ソン・ヒョンギョン/ミン科長
オ・ヒョンギョン/お父さん
イ・インチョル/守衛

キム・スミ/美容室院長

そして、衝撃の結末。

ってかミンスの病気。

ミンスが聞かされたタイミングはわかったし、その後の行動、言動も後になって理解できたけれど、ヘウォンがミンスの病気のコト知ったのは一体いつだったのかなぁ???

そのポイントがわからなかっただけに、ヘウォンの心理についてターニングポイントがちょっと解りにくかったのが残念。

しっかり見ていたら彼女の洋服とかでわかるものなのかなぁ?

|

« 火車/宮部みゆき | トップページ | 住所パワー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/17876995

この記事へのトラックバック一覧です: 連理の枝:

« 火車/宮部みゆき | トップページ | 住所パワー »