« ちょうちん | トップページ | EXCEL AOYAMA »

2008年10月21日 (火)

切羽へ/井上荒野

ある島で暮らす女性の物語。

この島ってどこかな?
かなりの孤島な気がするけれど…

一度は島を出て、東京で暮らしていたけれど、結婚を機に戻ったセイ。
彼女には画家の夫がいて仲むつまじく過ごしていたけれど…

そこに赴任してきた石和のことが気になって仕方がないんだよね。
でも「そんなの、ありえない」という気持ちで踏みとどまっているんだけれど、

チラチラと石和のことが気になっているのが冒頭から手に取るようにわかるし、同僚たち(特に月江)の存在がセイを踏みとどまらせている気がする。

そして、アクセントのように登場する老女しずかさん。
彼女の孤独とか老いを目の当たりにすることでセイ自身の気持ちとかが変わっていったんだろうなぁ。

淡々と、さくさくと読みすすめることのできる文章だったけれど、あたしはあんまりこういう設定というか展開は好きではないなぁ。
あえて否定はしないけれど、→つまり好みではないわけ。

第139回直木賞受賞作

20081014-8

|

« ちょうちん | トップページ | EXCEL AOYAMA »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/42825356

この記事へのトラックバック一覧です: 切羽へ/井上荒野:

» こういう小説もありなのかな?:切羽へ [本読みの記録]
切羽へ作者: 井上 荒野出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/05メディア: 単行本 離島の日常の中に男女の微妙な愛情を描いた本書。 井上荒野の直木賞受賞作であるが、馳星周が女性受けしないように、井上荒野は少なくとも男性受けしないだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月29日 (水) 21時44分

« ちょうちん | トップページ | EXCEL AOYAMA »