« リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣/高野登 | トップページ | 5月だけど、4月うまれの誕生会。再び。 »

2015年4月30日 (木)

ルームメート

原作者は今邑彩という人だとこの映画を観て始めてしった。
そして今邑なる小説家については全く知識を有していない。

映画を観終わったあとになって、wikiってみた。
どうやら原作と映画では設定などが違うようだ。
そして今邑なる原作者はすでに死亡しているということがわかった。

さて、映画の話をすると。
ホラーにしてはそれほど怖くはない。
だけれども、恐怖をあおるためか全体的に暗い。夜のシーンがおおいことも暗い理由の一つなのかな。

そして最後に知らされる、事実!!
え~だまされた。
途中から少々怪しさは感じていたけれど、前半は完全にだまされていた。
なんだか切ない作品だった。

北川景子
深田恭子

高良健吾
尾上寛之

犬塚千弘
筒井真理子
蛍雪次朗
田口トモロヲ
吉田里琴

原作はこれ↓

|

« リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣/高野登 | トップページ | 5月だけど、4月うまれの誕生会。再び。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/61363528

この記事へのトラックバック一覧です: ルームメート:

« リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣/高野登 | トップページ | 5月だけど、4月うまれの誕生会。再び。 »