« 湯を沸かすほどの熱い愛 | トップページ | 眞子さまおめでとう »

2017年5月16日 (火)

JOHN WICK

ヒューマントラストで映画観ていたら、予告でこの映画のチャプター2をやるらしく、元々を知らなかったので、観て見ることにした。
ちょうど無限の住人観た日の早朝だったので、お互い痛い映画だから相乗で痛さ倍増だったよ。

最愛の人のために裏の世界から足を洗った主人公。
幸せもつかの間、彼女に先立たれてしまう。
失意のなか、彼女からの最後の贈り物犬と生活をはじめた。

たまたま彼の乗る車に目をつけた街のチンピラに家に押し入られる。


そこで車だけでなく、犬まで殺され…復讐のエンジンがかかってしまう。
そのチンピラが昔力を貸した男の子どもだったから、その組織も巻き込んだ復讐劇になっていくんだ。
ただ、正直愛する人の残した犬を殺された復讐にしては度が過ぎているように感じた。
いくら彼女の喪失感を埋める存在だったからって…

とはいえ、アクションものは爽快感もあるしチャプター2はやっぱり観たいかな。
7月公開。




2017C-19

|

« 湯を沸かすほどの熱い愛 | トップページ | 眞子さまおめでとう »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31406/65231942

この記事へのトラックバック一覧です: JOHN WICK:

« 湯を沸かすほどの熱い愛 | トップページ | 眞子さまおめでとう »