2017年8月13日 (日)

青春エール

映画館へ行くほどでは無いけれど、気になってた。
ちょうどテレビで高校野球やってるしね。

青春だよね。
何かに打ち込む姿っていいよね。

原作は別マで連載されてた、作者は河原和音。
わたしがリアルで読んでたのは『先生!』とか『高校デビュー』かな?
でも後者はさわりの頃しか読んで無い。
『俺物語‼︎』は映画化されたものしか観てないわ。

しかし、なぜゴールが甲子園なんだ?
野球ものってみんなそうだよね。
タッチしかり。
行くだけが目標なのか?
そりゃ〜大変なことなのはわかってるけど、

吹奏楽の方の普門館ってのははじめて聞いたけど、
これもリアルにある大会なの?

好きなのに夢のためにその気持ちを抑えるとか、
高校生にはなかなかできないよねぇ。

高校生の時の気持ち、覚えてはいるけど、大人の事情のなかで過ごしているとついつい弱点追求してしまう。
だめな大人だ。

しかし、怪我重すぎでしょ。
普通、キャッチャー復帰は難しいよ。
ドラマ性は現実的な範囲内にして。



土屋太鳳
竹内涼真
葉山奨之
堀井新太
小島藤子
松井愛莉
平祐奈
山田裕貴
志田未来
上野樹里

2017C-25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

君の膵臓を食べたい

観た人の評判がいいものだから、三連休前の昨日の夜、行ってみた。

行こうと思って予約したけど21:45~って流石に時間もてあます。

つーことで、わざわざ神保町の石釜焼きの店に寄り道しちゃった。

彼女は死んじゃうんだろうとは思ってたけど、まさかその死に方か!?
と、驚かされた。
まあ、伏線は有ったわけだし。

福岡の旅行って…よく補導されなかったよね。
という驚き!

小栗旬と北川景子の2人が結婚すると思ってたら、違ったこと。

現代と高校時代の配役に面影も無いから、上地雄輔が誰なのか、もやもやし続けたこと。

なぜ、ずっと黙っていた大切なことを一生徒に話すのか?
思い出の図書館に対する感傷?
原作ではどうだったんだろ?
でも、その生徒のお陰で彼女からの手紙、見つかったわけだし。

1502628713333.jpg

浜辺美波
北村匠海
大友花恋
矢本悠馬
桜田通
森下大地
上地雄輔
北川景子
小栗旬

2017theater-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

最強のふたり

京都帰りの新幹線で観た。
帰りなだけに集中できた🎶

フランス映画だったんだね、観はじめてフランス語で驚いちゃった。

頸髄損傷で身体が不自由な富豪とその介護人の移民青年の交流の話。
富豪はなぜ面接で彼を選んだんだろ?
しかし彼の人生は彼のお陰で非常に楽しいものになったんだね。
周りに反対されても彼を雇い続けたのに、
彼の幸せのために、彼を辞めさせるあたり、涙ちょちょ切れだよ。

かなり脚色されているけれど、これは実話。



2017C-24

フィリップ・クリュゼ
オマール・シー
オドレイ・フルーロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

君と100回目の恋

京都に行く新幹線の中で鑑賞。
最初シウマイ弁当食べてたために、時間内に観終わらず、若干ホテルで観た。

タイムループってやつ!?
フィクションにありがちな設定。
キーになるレコードについてはおじさんから譲り受けているなんて、
存命の人からそう言ったもの受け継ぐか?

結局、好きな人運命は変えることが出来ず…
悲しくなるね。



2017C-23

miwa
坂口健太郎
竜星涼
真野恵里菜
泉澤祐樹

太田莉菜
堀内敬子
田辺誠一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

忍びの国

京都滞在中に忍びの国を観た。
もともと見込んでホテルを選んだといっても過言ではない。
徒歩5分程度なので、ビーサンにて…
こんな楽に観られる環境っていいね。

嵐の大野くん主演、期待通り面白い。
石原さとみとの掛け合いがまたまた楽しい。

断然伊賀に興味をもってしまった。


しかし、レディスデイだというのに空いてて、そらは良かったんだけど、民度が低いというか…普通に上映中携帯鳴らすし、画面見てるから明るくなるし…
そんなに携帯が気になるなら映画館来なければいいのに!
東京で、というか、わたしの行く映画館でそついう人いないから、がっかり。

1501470964029.jpg

大野智
石原さとみ
鈴木亮平
平祐奈
知念侑季
伊勢谷友介
國村隼

マキタスポーツ
満島真之介
でんでん
きたろう
立川談春


2017theater-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

John Wick:Chapter2

前作から5日後という設定らしい。
ほんの2ヶ月ほど前に観たのにあんまり覚えてない。
記憶力ないなぁ。

やっぱり、痛いシーンばかりでストーリー性欠けるけど、
キアヌのお腹がややぽっちゃりしてるのにあれだけタフなのに悩ましく思うけど、
それでも初日に観たのは良かったかなぁ。
という自己満に陥る。

今回も六本木。
TOHOシネマズのチケットがあったからね。
まぁまぁ良い席だったけど、隣のオタっぽい人に気が散った。

という昨晩の出来事。




キアヌ・リーブス
コモン
ローレンス・フィッシュバーン
リッカルド・スカマルチョ
ルビー・ローズ
ジョン・レグイザモ
イアン・マクシェーン

2017theater-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

ちはやふるー上の句ー

テストもおわったし…
つーことで、日曜の夜にさっそくこれを観た。
熱いね。
でもテスト勉強とかあいつうづるところも有るし、
2時間ではなかなか進ままいもんだね。
これはアニメとか向きな気がするわ。

下の句、そして来年公開のも気になるわ。
そして、机くんいいね!



2017C-22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

観たい映画




マンチェスターバイザシー観に行ったとき、予告してた、
「ハクソー・リッジ」に興味津々。

本来戦争もの、特にアメリカ作品は全く観る気にならないんだけど、これは見応えありそう。
公開時期的に行けるかわからないけど、気になる作品。

武器を持たない衛生兵が1人で多くの命を救ったなんてストーリーに期待ができそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

観る映画




近々観る予定の映画。
来月公開日か、その数日以内には観たいよ。

その前にあるテスト!
完全燃焼に備えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

Manchester by the Sea

映画、マンチェスター バイ ザ シー を観た。
朝早いの。
これ1回だけ、早い方がありがたいんだけど、
うっかり違うことしてて、ギリギリ。
仕方なくバスで行った。
この路線初なので、と更に楽しんでしまった。

主人公リーはマンション数軒の便利屋さん。
管理会社勤務なのかな!?

寡黙に仕事をして、友人…見当たらず、彼女を作る気もないみたい。
電話で兄が倒れたと聞いて、車で1時間半の道のりを駆けつけるが、
到着の一時間前に息を引き取ってた。

兄の遺言で息子パトリックの後見人を指名され、彼がマンチェスターに戻るお膳立てまでされてた…
でもリーにはマンチェスターに戻りたくない何かがあって…

回想シーンと現在とがないまぜで次第に明らかになるリーの心の傷。
とてもここには住めない、でもパトリックも慣れ親しんだ地を離れることを拒み。

叔父と甥の関係が、亡くした人によって新たに生まれ、そしてその悲しみに足踏みすることも許されず、今後を決めなければならないという辛さ。
2人はどう乗り越えるんだろう!?

パトリックの子ども時代の船上での回想、終盤に彼に彼女を含め3人でやはり船に乗り、
2人の心は過去と変わらず繋がっていると思わせる1シーンだった。

リーと元嫁との関係も、葬儀ではあまり話せなかったけど、
街でバッタリ会うことで一種の解決が図れたというか、人生って目に見えてわかりやすくまとまることってないからそういう意味でリアルだなぁと思った。

結局、ふたりは別々に生きることになるけれど、きっと長期休暇には往き来があっていい関係を築けるんだろうな思わせて終わった。

あ、ネタバレしまくり。

2017theater-7

1497098725232.jpg

ケイシー・アフレック
ミッシェル・ウィリアムズ
カイル・チャンドラー
ルーカス・ヘッジズ
ベン・オブライエン
グレッチェン・モル
カーラ・ヘイワード
テイト・ドノヴァン
アンナ・バリシニコフ
ヘザー・バーンズ
マシュー・ブロデリック
スティーヴン・ヘンダーソン
ジョシュ・ハミルトン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧