2018年7月28日 (土)

劇場版コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−

1532779900590.jpg


昨日公開したコード・ブルーを観てきた。
台風直撃ムードの中、水曜の朝一で席予約しちゃったから、
根性出して…

ドラマは全部みてたから、問題無し、
おさらいしようとも思ったけど、テレビの再放送を除くとFODくらいしかみられず、断念。

涙も出るし、思いもわかる。
だけど、エピソード詰め込みすぎだよ。
今まではドラマの中で丁寧に描いてきたのに、どうしっちゃったのレベルでてんこ盛り。

それがもったいなかった。

たいふうの方は、一番ピークと思われていた17時〜22だったのに、
映画終わったら雨やんでた。風は強かったけどね。

2018theater11

山下智久
新垣結衣
戸田恵梨香
比嘉愛未
浅利陽介

有岡大貴
成田凌
新木優子
馬場ふみか

新田真剣佑
かたせ梨乃
山谷花純
丸山智己
杉本哲太
安藤政信
椎名桔平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

このシリーズは第1作しか観てない。
でも、連れのリクエストだったので、行ってきた。
話はほとんど繋がって無いのだと思ったけど、違ったみたい。

それでもまあまあ楽しめた。
ハラハラドキドキって感じね。
最強の新種が出てきた時はどうなることかと思ったけれど、まぁまぁ想定内の結果ね。

この先、どうなるんだ!?
って終わり方だった。

1532780428920.jpg

観たのは渋谷だったけど、写真撮り忘れ、他で撮ったのを転用。

2018theater10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

名探偵コナン ゼロの執行人

1529621589956.jpg

今回のは特に評判が良さそうだし、
担当してくれている整体師さんがコナンのファンだから、観てみようかなって。
ちょうど、TOHOシネマズのシネマイレージウィークだったしね。

しかし、子供向けだからか、音楽とか、ガチャガチャして耳障りだ。

あと、のちにテレビ放送を考えているからか、
横長じゃない画面にもなんだか違和感。

ストーリーはよくできていたと思う。
組織のジレンマ、良心、確執、仲間を想う気持ち…

ただ、現実離れの車の走行とか、なんか子供だまし。
というか、ああいうのが未来の無謀運転につながるんじゃないかとか、考えさせられてしまうよ。

エンドロールで気づいた。
上戸彩があの弁護士さんの声、担当してたのね。

2018theater09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

万引き家族



昨日、観た映画。
平日のまっ昼間、かつ場所が場所なだけに、年配の方が多かった!

ランチ食べた後、開演まで約一時間って頃に劇場でチケット買ったんだけど、その時はガラガラだったのに、実際かなり席埋まってた。

年配の方はネット予約しないのね。

あと、世代が違うからか、主婦じゃないからか、笑のツボも違ーう。

一つ屋根の下に暮らして、裕福ではないけど、皆いきいきしていて、でも、実はみんな他人…
なんか、やるせないなぁ。

その後、とか興味ある。

カンヌでパルムドールとったけど、外国の人にはこの映画どんな風に映るのかな!?

2010theater08

リリー・フランキー
安藤サクラ
樹木希林

松岡茉優
池松壮亮
城桧吏
佐々木みゆ

高良健吾
池脇千鶴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

恋は雨上がりのように

1528017318413.jpg

観に行ってきた。
キュンキュンしたくて、いったけど、キュンキュンは全然で、笑顔になって、ちょっとだけ泣けた。

年の差約30歳だもんね。
キュンキュンするような展開になったら、それはそれでどうよ!?
つーことね。

2018theater07

小松菜奈
大泉洋

吉田羊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ラプラスの魔女




原作を読んでいたのは、三年前の国家試験受けた頃。
勉強にも読書にも身が入らず、散々だったという記憶しかない。

で、今回も病み上がりで何度も寝落ちしてしまい、全然肝心なことがわからなかったよ。

ホント、馬鹿みたい。

何しろ豊川悦司の演技が上手くて、
櫻井くんは、やたらぽっちゃりなおじさんだった。
教授!?なので、役作りだとしたら、大したものだよ。

櫻井翔
広瀬すず
福士蒼汰
志田未来
佐藤江梨子
TAO
玉木宏
高嶋政伸
檀れい
リリーフランキー
豊川悦司

エンドロールみて、なるほど三池崇史監督か…って落胆したことは言うまでもない。

2018theater06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

ちはやふるー結び

1521288729017.jpg

公開初日、予約が遅れたから中途半端な時間になってしまったけれど、観てきました。
青春だよね。
そして、惜しみない努力も素晴らしい。

圧倒的に負けて、強くなるためにいろいろなことを思い、悩み、行動し、
そういう切磋琢磨というの?
いいよね。
相手を敬い、自分に厳しく、後輩を気持ちの面でもリードしていく。

チームワークって素晴らしい。

千早の将来も垣間見え、
そうきましたか。

冒頭に書いたとおり、公開初日なだけに、ほぼ満席で、コアなファンも多い日だろうから、
クスクスポイントとか声がでてて、それも良かったなぁ。

あと、ぼそぼそキャラの周防名人が驚いて大声を出してしまったシーンも印象的だった。

2018theater05

広瀬すず
野村周平
新田真剣佑

上白石萌音
矢本悠馬
森永悠希
清水尋也
優希美青
佐野勇斗
清原果耶

松岡美優
賀来賢人
松田美由紀
國村隼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

MANHUNT

有休とって、午前は呼吸器科。
一応、卒業してもいいとのこと。
喉のイガイガ、痰が絡むのは治らないとか…。

そんなの嫌じゃ!
とりま、咳止め以外、全て同じ薬の処方をうけ、症状が許容ないなら卒業してもいいって。
スッキリ治らないだなんて辛すぎだろ!

寒いのであまり外を歩きたくは無かったけど、上映時間関係で、六本木ヒルズへ。

マンハント観た。

典型的なアクション好きにはたまらないだろうけど、それ以外、ストーリーとかは崩壊してるんじゃん。

しょっぱなのシーンなんて、ど演歌流れるし、片言の日本語喋る着物着たママのいる店なんて、そんな田舎の町にはないだろ!

あと、アベのハルカスのパラパラ!?
時代錯誤感半端ない。

高倉健がでてた古い映画「君よ憤怒の河を渉れ」→知らないけど。
のリメイクらしい。
へーっ感じ。

大阪の街中であんなに撃ったらやばいって!

で、主役って逃げてる国際弁護士でしょ。
でも描かれ方としては福山っぽくない。
初シーンといい、エンディングシーンといい。

亡恋人の処方暗号を電話で知らせてきた時、
まさかの桜庭みなみが敵側の人間かと思った。
ホントにそんな展開だったほうが面白かっただろうに…違ったか。



2018theater04

チャン・ハンユー
福山雅治
チー・ウェイ
ハ・ジウォン

國村準

竹中直人
倉田保昭
斎藤工

アンジェルス・ウー
桜庭みなみ
池内博之
TAO
トクナガクニハル
矢島健一
田中圭
ジョーナカムラ
吉沢悠

竹中直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

不能犯

dtvでドラマやってて、全5話みた。
それで興味もっちゃって、映画も観ちゃおう!って昨日行ってきたけど、

宇相吹がマインドコントロールで人を殺してしまって、人間じゃないみたいで、なおかつ殺しを依頼した人まで不幸になって…

って、ドラマでわかっていること以上のなのも明らかにされず、

原作は漫画なんだって、しかもまだ連載中。

そしたら、映画化しても持っていき様がないし、微妙じゃんと、納得した。

続編もつくるつもりかな?
にしても、この程度の出来ならスペシャルドラマでよいな。
まぁ、そうするとここまでのキャストは用意出来ないんだろうけど、それはそれでいいんじゃない!?

最後の希望でやっつける!
的な沢尻の台詞がなんとも続編を伺わせてる。

とはいっても、公開最初の週末なのに、小さなスクリーンの割当しかない程度の期待値なんでしょ…


1518412311949.jpg

2018theater03

松坂桃李
沢尻エリカ
新田真剣佑
間宮翔太朗
テット・ワダ
菅谷哲也
岡崎紗絵

真野恵里菜
忍成修吾
水上剣星
今野浩喜
堀田茜

芦名星
矢田亜希子
安田顕
小林稔侍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

祈りの幕が下りる時

公開初日の第1回目の上映で観てきた。

「泣ける」って?
などなど疑問はあったけど、ここのところバタバタしていたこともあって、
事前にストーリーを調べることもなく、だから観ながら推理で頭をぐるぐるぐるぐる。

後半はほんと涙腺うるうるしてくるよ。

母親が絡んでいるのに捜査に合流できるものなんだね。

加賀恭一郎の日本橋にこだわる理由。
母親の人生に関わった人たちのこと。

そして、今回の事件の顛末は、母親の恋人が素性を明かせなかった理由とは…

最後に、娘に罪を犯させてでも救われたいとの考えに至ってしまった理由。

いつも通り、犯罪者にはそれなりの理由があって罪を犯したということ。
東野圭吾ワールドだなって思った。

1517023497890.jpg

2018theater02


阿部寛
松嶋菜々子
溝端淳平
田中麗奈

キムラ緑子
烏丸せつこ

春風亭翔太
音尾琢真
飯豊まりえ
上杉祥三
中島ひろ子
桜田ひより

及川光博
伊藤蘭
小日向文世
山崎努

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧