« DNA | トップページ | 喉アレルギー対策 »

2020年3月14日 (土)

怪物の木こり/倉井眉介

monster the woodman


2019年第17回このミステリーがすごい!大賞 大賞受賞作。

「このミス」の受賞先はいずれも読み応えがあって安定的に好きなのでよく読む気がするんだけど、

この本もグッと作品の中に引き込まれる魅力があった。

 

サイコパスで人を殺すことに良心の呵責も感じない弁護士が主人公。

そんな彼が怪物仮面の男にに斧で襲われた。

九死に一生を得た彼は、病院で脳内に自身も認知していないチップが植え込まれていることを知る。

襲われてからの彼は今まで感じることのなかった感情に戸惑い、自分を襲った犯人を探した。

同時に数件発生した脳を持ち去る殺人事件とに関連は?

26年前の連続児童誘拐殺人事件とこの事件の関連が次々と明らかになって…

ハラハラ、ドキドキ。

しかし、真のサイコパスは友人の脳外科医だよね、とそっちの方が恐ろしかった。

2020R05

|

« DNA | トップページ | 喉アレルギー対策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DNA | トップページ | 喉アレルギー対策 »